libxslt-1.1.32

libxslt の概要

libxslt パッケージは XSLT ライブラリを提供します。 これは libxml2 ライブラリを拡張して XSLT ファイルをサポートするために利用します。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

libxslt の依存パッケージ

必須

libxml2-2.9.8

推奨

[注記]

注記

libxslt を利用しているアプリケーションは、直接の依存関係ではないにせよ、docbook-xml-4.5docbook-xsl-1.79.2 を必要としているものが多々あります。

任意

libgcrypt-1.8.3, libxml2-2.9.8 (for Python2)

[注記]

注記

The libxml2-2.9.8 (for Python2) dependency is only appropriate if the Python2 module for this package is needed. The libxslt Python2 module is not needed for any package in BLFS but various packages may install Python2 modules which reference it.

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libxslt

libxslt のインストール

以下のコマンドを実行して libxslt をビルドします。

sed -i s/3000/5000/ libxslt/transform.c doc/xsltproc.{1,xml} &&
./configure --prefix=/usr --disable-static                   &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーとなって以下を実行します。

make install

コマンド説明

sed -i s/3000/5000/ ...: this increases the recursion limit in libxslt. This is needed by some packages for their documentation.

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: xslt-config, xsltproc
インストールライブラリ: libexslt.so, libxslt.so, さらに任意ビルドとして libxsltmod.so Python モジュール
インストールディレクトリ: /usr/include/libexslt, /usr/include/libxslt, /usr/lib/libxslt-plugins, /usr/share/doc/libxslt-1.1.32, /usr/share/doc/libxslt-python-1.1.32

概略説明

xslt-config

サードパーティー製のプログラムが libxslt ライブラリを利用するにあたって、必要となるプリプロセッサー、コンパイルフラグ、リンクフラグを決定するために利用します。

xsltproc

XML ドキュメントファイルに対して XSLT スタイルシートを適用します。

libexslt.so

XSLT 関数を取り扱う拡張機能を提供します。

libxslt.so

libxml2 ライブラリを拡張して XSLT 形式のファイルを取り扱う機能を提供します。

最終更新日: 2018-08-15 11:28:50 +0900