libksba-1.3.5

Libksba の概要

The Libksba package contains a library used to make X.509 certificates as well as making the CMS (Cryptographic Message Syntax) easily accessible by other applications. Both specifications are building blocks of S/MIME and TLS. The library does not rely on another cryptographic library but provides hooks for easy integration with Libgcrypt.

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Libksba の依存パッケージ

必須

libgpg-error-1.32

Optional

Valgrind-3.13.0

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libksba

Libksba のインストール

以下のコマンドを実行して Libksba をビルドします。

./configure --prefix=/usr &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: ksba-config
インストールライブラリ: libksba.so
インストールディレクトリ: なし

概略説明

ksba-config

is a utility used to configure and build applications based on the libksba(3) library. It can be used to query the C compiler and linker flags which are required to correctly compile and link the application against the libksba(3) library.

libksba.{so,a}

contains the cryptographic API functions.

最終更新日: 2018-08-19 06:53:19 +0900