JS-60.8.0

JS の概要

JS は C 言語で書かれた Mozilla の JavaScript エンジンです。

本パッケージは LFS-9.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

JS60 の依存パッケージ

必須

Autoconf-2.13, ICU-67.1, Python-2.7.18, Which-2.21, Zip-3.0

任意

Doxygen-1.8.18

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/js60

JS のインストール

以下のコマンドを実行して JS をビルドします。

[注記]

注記

If you are compiling this package in chroot you must do two things. First, as the root user, ensure that /dev/shm is mounted. If you do not do this, the Python configury will fail with a traceback report referencing /usr/lib/pythonN.N/multiprocessing/synchronize.py. Run:

mountpoint /dev/shm >/dev/null ||
 mount -t tmpfs devshm /dev/shm

Second, either as the root user export the $SHELL environment variable using export SHELL=/bin/sh or else prepend SHELL=/bin/sh when running the configure command.

mkdir mozjs-build &&
cd    mozjs-build &&

../js/src/configure --prefix=/usr       \
                    --with-intl-api     \
                    --with-system-zlib  \
                    --with-system-icu   \
                    --disable-jemalloc  \
                    --enable-readline   &&
make

このパッケージには有効なテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--with-*: 本パラメーターはビルドにあたって、システムにインストールされている各ライブラリを用いることを指示します。 安定したビルドのためにはこれが必要となります。

--enable-readline: 本スイッチは JS シェルにおいて Readline サポートを有効にします。

--disable-jemalloc: 本スイッチは JS60 内部で用いられているメモリ割り当て機能 jemalloc を無効にします。 jemalloc は glibc との間で競合が発生します

パッケージ構成

インストールプログラム: js60, js60-config
インストールライブラリ: libmozjs-60.so, libjs_static.ajs
インストールディレクトリ: /usr/include/mozjs-60

概略説明

js60

JavaScript エンジンに対してのコマンドラインインターフェースを提供します。

js60-config

JS コンパイラーフラグおよびリンカーフラグを検出するために用いられます。

libmozjs-60.so

Mozilla JavaScript API 関数を提供します。

最終更新日: 2020-04-04 16:26:48 +0900