JS-52.2.1gnome1

JS の概要

JS は、C 言語によって構築された Mozilla の JavaScript エンジンです。 本パッケージは GJS と polkit のためにあります。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

JS52 の依存パッケージ

必須

Autoconf-2.13, ICU-62.1, NSPR-4.20, Python-2.7.15, Xorg ライブラリ, yasm-1.3.0, Zip-3.0

任意

Doxygen-1.8.14

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/js52

JS のインストール

以下のコマンドを実行して JS をビルドします。

[注記]

注記

If installing in the chroot environment, be sure to export the SHELL environment variable or configuration of the package will fail.

cd js/src &&

./configure --prefix=/usr       \
            --with-intl-api     \
            --with-system-zlib  \
            --with-system-nspr  \
            --with-system-icu   \
            --enable-threadsafe \
            --enable-readline   &&
make

本パッケージには有効なテストスイートがありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--with-*: These parameters allow the build system to use system versions of the above libriares. These are required for stability.

--enable-readline: This switch enables Readline support in the JS shell.

--enable-threadsafe: This switch enables support for multiple threads at one time. This increases performance as well as stability.

パッケージ構成

インストールプログラム: js52, js52-config
インストールライブラリ: libmozjs-52.so, libjs_static.ajs
インストールディレクトリ: /usr/include/mozjs-52

概略説明

js52

provides a command line interface to the JavaScript engine.

js52-config

is used to find the JS compiler and linker flags.

libmozjs-52.so

contains the Mozilla JavaScript API functions.

最終更新日: 2018-08-19 06:53:19 +0900