Guile-2.2.4

Guile の概要

Guile パッケージは GNU プロジェクトの拡張言語ライブラリ (extension language library) です。 Guile はまた、スタンドアロンの Scheme インタープリターを含みます。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Guile の依存パッケージ

必須

GC-7.6.4, libunistring-0.9.10

任意

Emacs-26.1, GDB-8.1.1 (実行時のみの依存).

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/guile

Guile のインストール

以下のコマンドを実行して Guile をビルドします。

./configure --prefix=/usr    \
            --disable-static \
            --docdir=/usr/share/doc/guile-2.2.4 &&
make      &&
make html &&

makeinfo --plaintext -o doc/r5rs/r5rs.txt doc/r5rs/r5rs.texi &&
makeinfo --plaintext -o doc/ref/guile.txt doc/ref/guile.texi

ビルド結果をテストする場合は ./check-guile を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install      &&
make install-html &&

mv /usr/lib/libguile-*-gdb.scm /usr/share/gdb/auto-load/usr/lib &&
mv /usr/share/doc/guile-2.2.4/{guile.html,ref} &&
mv /usr/share/doc/guile-2.2.4/r5rs{.html,}     &&

find examples -name "Makefile*" -delete         &&
cp -vR examples   /usr/share/doc/guile-2.2.4   &&

for DIRNAME in r5rs ref; do
  install -v -m644  doc/${DIRNAME}/*.txt \
                    /usr/share/doc/guile-2.2.4/${DIRNAME}
done &&
unset DIRNAME

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: guild, guile, guile-config, guile-snarf, guile-tools
インストールライブラリ: libguile-2.0.so, libguilereadline-v-18.so
インストールディレクトリ: /usr/include/guile, /usr/lib/guile, /usr/share/doc/guile-2.2.4, /usr/share/guile

概略説明

guile

Guile におけるスタンドアロンの Scheme インタープリター。

guile-config

is a Guile script which provides the information necessary to link your programs against the Guile library, in much the same way PkgConfig does.

guile-snarf

is a script to parse declarations in your C code for Scheme visible C functions.

guild

is a wrapper program installed along with guile, which knows where a particular module is installed and calls it, passing its arguments to the program.

guile-tools

is a symlink to guild.

最終更新日: 2018-08-26 08:06:17 +0900