GPM-1.20.7

GPM の概要

GPM (General Purpose Mouse daemon; 汎用的なマウスデーモン) パッケージは、コンソールや xterm に対してのマウスサーバーです。 通常は単にカット&ペーストの機能を提供するだけでなく、 Links などのさまざまなアプリケーションにて、マウスサポートを提供するためにこのライブラリが用いられます。 デスクトップ操作において、そして特に (Beyond) Linux From Sratch の手順実現の際に、複数の画面間にてコピーペースト操作を行うのに便利です。 これをすべて入力していくことに比べれば、誤りが少なく済みます。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Additional Downloads

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/GPM

GPM のインストール

以下のコマンドを実行して GPM をビルドします。

sed -i -e 's:<gpm.h>:"headers/gpm.h":' src/prog/{display-buttons,display-coords,get-versions}.c &&
patch -Np1 -i ../gpm-1.20.7-glibc_2.26-1.patch &&
./autogen.sh                                &&
./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install                                          &&

install-info --dir-file=/usr/share/info/dir           \
             /usr/share/info/gpm.info                 &&

ln -sfv libgpm.so.2.1.0 /usr/lib/libgpm.so            &&
install -v -m644 conf/gpm-root.conf /etc              &&

install -v -m755 -d /usr/share/doc/gpm-1.20.7/support &&
install -v -m644    doc/support/*                     \
                    /usr/share/doc/gpm-1.20.7/support &&
install -v -m644    doc/{FAQ,HACK_GPM,README*}        \
                    /usr/share/doc/gpm-1.20.7

コマンド説明

./autogen.sh: This command creates the missing configure script.

install-info ...: 本パッケージは .info ファイルをインストールしますが、dir ファイルまでは更新しません。 そこで更新が行われるようにします。

ln -v -sfn libgpm.so.2.1.0 /usr/lib/libgpm.so: このコマンドはライブラリに対しての .so シンボリックリンクを作成 (または更新) します。

GPM の設定

ブートスクリプト

blfs-bootscripts-20180105 パッケージに含まれる初期化スクリプト /etc/rc.d/init.d/gpm をインストールします。

make install-gpm

設定ファイル

/etc/gpm-root.conf~/.gpm-root: デフォルトの設定ファイル、および各ユーザーごとの gpm-root 設定ファイル。

/etc/sysconfig/mouse: このファイルは、利用するマウスデバイスの名称とプロトコルを定めます。 このファイルを生成するために、root ユーザーになって以下を実行します。

cat > /etc/sysconfig/mouse << "EOF"
# Begin /etc/sysconfig/mouse

MDEVICE="<yourdevice>"
PROTOCOL="<yourprotocol>"
GPMOPTS="<additional options>"

# End /etc/sysconfig/mouse
EOF

設定情報

MDEVICE, PROTOCOL, GPMOPTS の設定例は以下のとおりです。

MDEVICE="/dev/input/mice"
PROTOCOL="imps2"
GPMOPTS=""

どのようなプロトコルがあるかは、gpm -m [device] -t -help を実行することで一覧表示されます。 MDEVICE の設定は、利用しているマウスがどのようなタイプであるかにより決定します。 例えばシリアルマウスなら /dev/ttyS0 (Windows では COM1 になります)、USB マウスならよく /dev/ttyS0 となります。 また PS2 マウスなら /dev/psaux です。 GPMOPTS は、利用しているハードウェアに応じて、'すべての機能' を実現する設定を行います。

パッケージ構成

インストールプログラム: disable-paste, display-buttons, display-coords, get-versions, gpm, gpm-root, hltest, mev, mouse-test
インストールライブラリ: libgpm.{so.a}
インストールディレクトリ: /usr/share/doc/gpm-1.20.7

概略説明

disable-paste

is a security mechanism used to disable the paste buffer.

display-buttons

is a simple program that reports the mouse buttons being pressed and released.

display-coords

is a simple program that reports the mouse coordinates.

get-versions

is used to report the GPM library and server versions.

gpm

is a cut and paste utility and mouse server for virtual consoles.

gpm-root

is a default handler for gpm. It is used to draw menus on the root window.

hltest

is a simple sample application using the high-level library, meant to be read by programmers trying to use the high-level library.

mev

is a program to report mouse events.

mouse-test

is a tool for determining the mouse type and device it's attached to.

libgpm.{so.a}

contains the API functions to access the GPM daemon.

最終更新日: 2018-08-19 06:53:19 +0900