gobject-introspection-1.52.1

GObject Introspection の概要

GObject Introspection パッケージは API 関数を記述し、それをマシンが読込み可能な統一した書式で構成します。

本パッケージは LFS-8.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

必須

GLib-2.52.3, Python-2.7.13

任意

Cairo-1.14.10 (テスト実施時に必要), GTK-Doc-1.26, Mako-1.0.4

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/gobject-introspection

GObject Introspection のインストール

以下のコマンドを実行して GObject Introspection をビルドします。

./configure --prefix=/usr --disable-static &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--enable-gtk-doc: GTK-Doc をインストール済で API ドキュメントを再構築する場合に指定します。

パッケージ構成

インストールプログラム: g-ir-annotation-tool, g-ir-compiler, g-ir-doc-tool, g-ir-inspect, g-ir-generate, g-ir-scanner
インストールライブラリ: libgirepository-1.0.so, /usr/lib/gobject-introspection/giscanner/_giscanner.so
インストールディレクトリ: /usr/include/gobject-introspection-1.0, /usr/lib/girepository-1.0, /usr/lib/gobject-introspection, /usr/share/gir-1.0, /usr/share/gobject-introspection-1.0

概略説明

g-ir-compiler

複数の GIR ファイルを複数の typelib に変換します。

g-ir-doc-tool

generates Mallard files that can be viewed with yelp or rendered to HTML with yelp-build from yelp-tools.

g-ir-inspect

GI typelib についての情報を提供するユーティリティーです。

g-ir-scanner

GObject ベースのライブラリとヘッダーを用いて GIR XML ファイルを生成するためのツールです。

g-ir-generate

GIR 生成ツールです。リポジトリ API が利用されます。

libgirepository-1.0.so

typelib メタデータにアクセスするための API 関数を提供します。

最終更新日: 2017-08-21 07:06:11 +0900