Exiv2-0.25

Exiv2 の概要

Exiv2 は、イメージおよび画像のメタデータを管理する C++ library およびコマンドラインユーティリティです。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

  • ダウンロード (HTTP): http://www.exiv2.org/exiv2-0.25.tar.gz

  • ダウンロード MD5 sum: 258d4831b30f75a01e0234065c6c2806

  • ダウンロードサイズ: 5.2 MB

  • 必要ディスク容量: 46 MB

  • 概算ビルド時間: 1 SBU

Exiv2 の依存パッケージ

推奨

任意

libssh

ドキュメント生成における任意

Doxygen-1.8.13, Graphviz-2.38.0, Python-3.6.2, libxslt-1.1.29

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/exiv2

Exiv2 のインストール

以下のコマンドを実行して Exiv2 をビルドします。

./configure --prefix=/usr     \
            --enable-video    \
            --enable-webready \
            --without-ssh     \
            --disable-static  &&

make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install &&
chmod -v 755 /usr/lib/libexiv2.so

コマンド説明

--enable-video: This switch enables managing video metadata.

--enable-webready: This switch enables managing web image metadata.

--without-ssh: This switch is necessary when webready is enabled and libssh is not installed. Libssh is required for ssh.

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--without-curl: This switch is necessary when webready is enabled and cURL-7.55.1 is not installed. Libcurl is required for http.

パッケージ構成

インストールプログラム: exiv2
インストールライブラリ: libexiv2.so
インストールディレクトリ: /usr/include/exiv2

概略説明

exiv2

Exif データをダンプするユーティリティです。

最終更新日: 2017-02-17 12:05:12 +0900