CLucene-2.3.3.4

CLucene の概要

CLucene は、高性能なテキスト検索エンジンである Lucene の C++ 版です。

本パッケージは LFS-8.0 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

追加のダウンロード

CLucene の依存パッケージ

必須

CMake-3.9.1

推奨

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/clucene

CLucene のインストール

以下のコマンドを実行して CLucene をビルドします。

patch -Np1 -i ../clucene-2.3.3.4-contribs_lib-1.patch &&

mkdir build &&
cd    build &&

cmake -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr \
      -DBUILD_CONTRIBS_LIB=ON .. &&
make

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

-DBUILD_CONTRIBS_LIB=ON: この cmake 変数は、CLucene の contribs ライブラリの生成を指示するものです。 これは例えば LibreOffice などのように言語固有のテキスト解析を利用するアプリケーションを稼動させるために必要となります。

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libclucene-contribs-lib.so, libclucene-core.so, libclucene-shared.so
インストールディレクトリ: /usr/include/CLucene, /usr/lib/CLuceneConfig.cmake

最終更新日: 2017-08-16 03:49:48 +0900