AAlib-1.4rc5

AAlib の概要

AAlib は、さまざまなグラフィックをアスキーアート (ASCII Art) に変換するライブラリです。

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

AAlib の依存パッケージ

任意

X ウィンドウシステム, slang-2.3.2, GPM-1.20.7

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/aalib

AAlib のインストール

インクルードしている m4 ファイルに関する問題を修正します。

sed -i -e '/AM_PATH_AALIB,/s/AM_PATH_AALIB/[&]/' aalib.m4

以下のコマンドを実行して AAlib をビルドします。

./configure --prefix=/usr             \
            --infodir=/usr/share/info \
            --mandir=/usr/share/man   \
            --disable-static          &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: aafire, aainfo, aalib-config, aasavefont, aatest
インストールライブラリ: libaa.so
インストールディレクトリ: なし

概略説明

aafire

is a demo of AAlib, rendering an animated fire in ASCII Art.

aainfo

provides information for your current settings related to AAlib.

aalib-config

provides configuration info for AAlib.

aasavefont

saves a font to a file.

aatest

shows the abilities of AAlib in a little test.

libaa.{so,a}

is a collection of routines to render any graphical input in portable format to ASCII Art. It can be used through many programs and has a very well documented API, so you can easily put it into your own programs.

最終更新日: 2018-08-20 07:33:02 +0900