rpcbind-1.2.5

rpcbind の概要

The rpcbind program is a replacement for portmap. It is required for import or export of Network File System (NFS) shared directories.

本パッケージは LFS-8.3 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Additional Downloads

rpcbind の依存パッケージ

必須

libtirpc-1.1.4

ユーザー情報: http://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/rpcbind

rpcbind のインストール

rpcbind を正しく動作させるために、まずは正しいサービス名が用いられるように修正します。

sed -i "/servname/s:rpcbind:sunrpc:" src/rpcbind.c

以下のコマンドを実行して rpcbind をビルドします。

patch -Np1 -i ../rpcbind-1.2.5-vulnerability_fixes-1.patch &&

./configure --prefix=/usr                                  \
            --bindir=/sbin                                 \
            --with-rpcuser=root                            \
            --enable-warmstarts                            \
            --without-systemdsystemunitdir                 &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Command Explanations

--with-rpcuser=root: This works around an error in the configure script.

--without-systemdsystemunitdir: This version of BLFS does not support systemd.

rpcbind の設定

ブートスクリプト

blfs-bootscripts-20180105 パッケージに含まれる 初期化スクリプト /etc/rc.d/init.d/rpcbind をインストールします。

make install-rpcbind

パッケージ構成

インストールプログラム: rpcbind, rpcinfo
インストールライブラリ: なし
インストールディレクトリ: なし

概略説明

rpcbind

is a server that converts RPC program numbers into universal addresses. It must be running on the host to be able to make RPC calls on a server on that machine.

rpcinfo

makes an RPC call to an RPC server and reports data according to the requested options.

最終更新日: 2018-09-04 00:41:44 +0900