colord-gtk-0.2.0

Colord GTK の概要

Colord GTK パッケージは、Colord に対する GTK+ バインディングを提供します。

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Colord GTK の依存パッケージ

必須

colord-1.4.5, GTK+-3.24.30

推奨

任意

DocBook-utils-0.6.14, GTK-Doc-1.33.2

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/colord-gtk

Colord GTK のインストール

[警告]

警告

If building the documentation ninja -j1 must be used.

以下のコマンドを実行して Colord GTK をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr       \
      --buildtype=release \
      -Dgtk2=true         \
      -Dvapi=true         \
      -Ddocs=false        \
      -Dman=false ..      &&
ninja

ビルド結果をテストする場合は ninja test を実行します。 The tests need to be run from an X session, and may require a color profile for your primary display.

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

コマンド説明

--buildtype=release: 本パッケージの安定版リリース向けに適したビルドタイプを指定します。 デフォルトにしていると、最適化されていないバイナリを生成する場合があるためです。

-Dvapi=true: This switch enables building of the Vala bindings. Remove if you don't have Vala-0.54.1 installed.

-Dgtk2=true: This switch enables building the GTK+-2 bindings for colord.

-Ddocs=false: This switch disables building GTK-DOC based documentation. Even if GTK-DOC is installed, you will need the namespaced versions of the Docbook XSL stylesheets.

-Dman=false: This switch disables generating the manual pages for this package. Remove this switch if you have namespaced versions of the Docbook XSL stylesheets installed.

パッケージ構成

インストールプログラム: cd-convert
インストールライブラリ: libcolord-gtk.so, libcolord-gtk2.so
インストールディレクトリ: /usr/include/colord-1/colord-gtk, /usr/share/gtk-doc/html/colord-gtk

概略説明

cd-convert

is a Color Manager Testing Tool

libcolord-gtk.so

ColordGTK+ バインディングを提供します。

libcolord-gtk2.so

contains the Colord GTK+-2 bindings

最終更新日: