at-spi2-core-2.40.3

At-Spi2 Core の概要

The At-Spi2 Core package is a part of the GNOME Accessibility Project. It provides a Service Provider Interface for the Assistive Technologies available on the GNOME platform and a library against which applications can be linked.

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

At-Spi2 Core の依存パッケージ

必須

dbus-1.12.20, GLib-2.70.0, Xorg ライブラリ

任意 (GNOME ビルド時には必須)

gobject-introspection-1.70.0

任意

GTK-Doc-1.33.2

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/at-spi2-core

At-Spi2 Core のインストール

以下のコマンドを実行して At-Spi2 Core をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr --buildtype=release .. &&
ninja

A session bus address, normally available in an Xorg terminal, is necessary to run the tests. And, the test suite requires the glib schemas of the package already installed. To test the results, install the package first, then issue: ninja test. The memory test is known to timeout.

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

Command Explanations

--buildtype=release: 本パッケージの安定版リリース向けに適したビルドタイプを指定します。 デフォルトにしていると、最適化されていないバイナリを生成する場合があるためです。

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libatspi.so
インストールディレクトリ: /usr/include/at-spi-2.0, /usr/share/defaults/at-spi2, /usr/share/gtk-doc/html/libatspi

概略説明

libatspi.so

At-Spi2 API 関数を提供します。

最終更新日: