Speex-1.2.0

Speex の概要

Speex is an audio compression format designed especially for speech. It is well-adapted to internet applications and provides useful features that are not present in most other CODECs.

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

追加のダウンロード

Speex の依存パッケージ

必須

libogg-1.3.5

任意

Valgrind-3.17.0

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/speex

Speex のインストール

This package consists of two separate tarballs. They need to be extracted and built independently.

以下のコマンドを実行して Speex をビルドします。

./configure --prefix=/usr    \
            --disable-static \
            --docdir=/usr/share/doc/speex-1.2.0 &&
make

このパッケージにテストスイートはありません。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Now extract and install the speexdsp package:

cd ..                          &&
tar -xf speexdsp-1.2.0.tar.gz &&
cd speexdsp-1.2.0             &&

./configure --prefix=/usr    \
            --disable-static \
            --docdir=/usr/share/doc/speexdsp-1.2.0 &&
make

再度 root ユーザーになって以下を実行します。

make install

Command Explanations

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

--enable-binaries: Builds two binaries to encode and decode to and from the speex format.

パッケージ構成

インストールプログラム: (任意ビルド)speexenc, speexdec
インストールライブラリ: libspeex.so, libspeexdsp.so
インストールディレクトリ: /usr/include/speex, /usr/share/doc/speex-1.2.0

概略説明

speexdec

decodes a Speex file and produces a WAV or raw file

speexenc

encodes a WAV or raw files using Speex

libspeex.so

provides functions for the audio encoding/decoding programs

libspeexdsp.so

is a speech processing library that goes along with the Speex codec

最終更新日: