VTE-0.66.0

VTE の概要

VTE パッケージは、端末エミュレーターに対しての termcap ファイル実装を提供します。

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

VTE の依存パッケージ

必須

GTK+-3.24.30, libxml2-2.9.12, pcre2-10.37

推奨

任意

FriBidi-1.0.9, GTK-Doc-1.33.2

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/vte

VTE のインストール

以下のコマンドを実行して VTE をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr --buildtype=release -Dfribidi=false .. &&
ninja

ビルド結果をテストする場合は ninja test を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install &&
rm -v /etc/profile.d/vte.*

コマンド説明

--buildtype=release: 本パッケージの安定版リリース向けに適したビルドタイプを指定します。 デフォルトにしていると、最適化されていないバイナリを生成する場合があるためです。

rm -v /etc/profile.d/vte.*: This command removes two files installed in /etc/profile.d that have no use on a LFS system.

-Dfribidi=false: Omit this switch if you want to enable bidirectional capabilities.

-Dgnutls=false: Add this switch if you do not want to enable GnuTLS support.

-Dvapi=false: Add this switch if you do not want to enable vala bindings.

-Ddocs=true: Add this switch if wish to build the documentation.

パッケージ構成

インストールプログラム: vte-2.91
インストールライブラリ: libvte-2.91.so
インストールディレクトリ: /usr/include/vte-2.91, (任意) /usr/share/gtk-doc/html/vte-2.91

概略説明

vte-2.91

VTE ライブラリに対するテストアプリケーション。

libvte-2.91.so

is a library which implements a terminal emulator widget for GTK+ 3

最終更新日: