DConf-0.40.0 / DConf-Editor-3.38.3

DConf の概要

The DConf package contains a low-level configuration system. Its main purpose is to provide a backend to GSettings on platforms that don't already have configuration storage systems.

The DConf-Editor, as the name suggests, is a graphical editor for the DConf database. Installation is optional, because gsettings from GLib-2.70.0 provides similar functionality on the commandline.

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

追加のダウンロード

DConf の依存パッケージ

必須

dbus-1.12.20, GLib-2.70.0, GTK+-3.24.30 (エディターのため), libxml2-2.9.12 (エディターのため)

推奨

任意

GTK-Doc-1.33.2, bash-completion

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/dconf

DConf のインストール

以下のコマンドを実行して DConf をビルドします。

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr --buildtype=release -Dbash_completion=false .. &&
ninja

ビルド結果をテストする場合は ninja test を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

任意の処理としてエディターをインストールします。

cd ..              &&
tar -xf ../dconf-editor-3.38.3.tar.xz &&
cd dconf-editor-3.38.3                &&

mkdir build &&
cd    build &&

meson --prefix=/usr --buildtype=release .. &&
ninja

root ユーザーになって以下を実行します。

ninja install

コマンド説明

--buildtype=release: 本パッケージの安定版リリース向けに適したビルドタイプを指定します。 デフォルトにしていると、最適化されていないバイナリを生成する場合があるためです。

-Dgtk_doc=true: GTK-Doc をインストールしていて API ドキュメントの再ビルドとインストールを行いたい場合に、このパラメーターを利用します。

パッケージ構成

インストールプログラム: dconf, dconf-editor
インストールライブラリ: libdconf.so, libdconfsettings.so (GIO Module installed in /usr/lib/gio/modules)
インストールディレクトリ: /usr/{include,share/gtk-doc/html}/dconf

概略説明

dconf

is a simple tool for manipulating the DConf database

dconf-editor

is a graphical program for editing the DConf database

libdconf.so

contains the DConf client API functions

最終更新日: