Talloc-2.3.3

Talloc の概要

Talloc は、メモリの参照回数をカウントするメモリプールシステム (memory pool system) であり、メモリ開放の機能も含みます。 これは Samba において、メモリ管理を行う主要な機能として組み入れられています。

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

  • ダウンロード (HTTP): https://www.samba.org/ftp/talloc/talloc-2.3.3.tar.gz

  • ダウンロード MD5 sum: b9a334039dd24bed8ea546c71cb3d196

  • ダウンロードサイズ: 636 KB

  • 必要ディスク容量: 9.9 MB (テスト込み)

  • 概算ビルド時間: 0.3 SBU (テスト込み)

Talloc の依存パッケージ

任意

docbook-xml-4.5, docbook-xsl-1.79.2 and libxslt-1.1.34 (man ページ生成時), GDB-11.1, git-2.33.1, libnsl-2.0.0, libtirpc-1.3.2, Valgrind-3.17.0, and xfsprogs-5.13.0

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/talloc

Talloc のインストール

以下のコマンドを実行して talloc をビルドします。

./configure --prefix=/usr &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libpytalloc-util.cpython-310-<arch>-linux-gnu.so, libtalloc.so, talloc.so (Python-2 モジュール), talloc.cpython-310-<arch>-linux-gnu.so (Python-3 モジュール)
インストールディレクトリ: なし

概略説明

libtalloc.so

Glibc の malloc に対応する代替関数を提供します。

最終更新日: