libsigsegv-2.13

libsigsegv の概要

libsigsegv is a library for handling page faults in user mode. A page fault occurs when a program tries to access to a region of memory that is currently not available. Catching and handling a page fault is a useful technique for implementing pageable virtual memory, memory-mapped access to persistent databases, generational garbage collectors, stack overflow handlers, and distributed shared memory.

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libsigsegv

libsigsegv のインストール

以下のコマンドを実行して libsigsegv をビルドします。

./configure --prefix=/usr   \
            --enable-shared \
            --disable-static &&
make

ビルド結果をテストする場合は make check を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--enable-shared: 本スイッチは共有ライブラリがビルドされるようにします。

--disable-static: このスイッチはスタティックライブラリをインストールしないようにします。

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libsigsegv.so
インストールディレクトリ: なし

概略説明

libsigsegv.so

ユーザーモードでのページフォールトを取り扱うライブラリ。

最終更新日: