libaio-0.3.112

libaio の概要

The libaio package is an asynchronous I/O facility ("async I/O", or "aio") that has a richer API and capability set than the simple POSIX async I/O facility. This library, libaio, provides the Linux-native API for async I/O. The POSIX async I/O facility requires this library in order to provide kernel-accelerated async I/O capabilities, as do applications which require the Linux-native async I/O API.

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/libaio

libaio のインストール

スタティックライブラリはインストールしないようにしておきます。

sed -i '/install.*libaio.a/s/^/#/' src/Makefile

以下のコマンドを実行して libaio をビルドします。

make

If you want to run the testsuite, fix an issue with Glibc-2.34 or later:

sed 's/-Werror//' -i harness/Makefile

ビルド結果をテストする場合は make partcheck を実行します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

パッケージ構成

インストールプログラム: なし
インストールライブラリ: libaio.so
インストールディレクトリ: なし

概略説明

libaio.so

libaio ライブラリ

最終更新日: