Apr-Util-1.6.1

Apr Util の概要

The Apache Portable Runtime Utility Library provides a predictable and consistent interface to underlying client library interfaces. This application programming interface assures predictable if not identical behaviour regardless of which libraries are available on a given platform.

本パッケージは LFS-11.1 において正しくビルドでき動作することが確認されています。

パッケージ情報

Apr Util の依存パッケージ

必須

Apr-1.7.0

任意

Berkeley DB-5.3.28, FreeTDS, MariaDB-10.6.4 または MySQL, OpenLDAP-2.5.8, PostgreSQL-13.4, SQLite-3.36.0, unixODBC-2.3.9

ユーザー情報: https://wiki.linuxfromscratch.org/blfs/wiki/apr-util

Apr Util のインストール

以下のコマンドを実行して Apr Util をビルドします。

./configure --prefix=/usr       \
            --with-apr=/usr     \
            --with-gdbm=/usr    \
            --with-openssl=/usr \
            --with-crypto &&
make

ビルド結果をテストする場合は make -j1 test を実行します。 testdbm というテストが 1 つだけ失敗します。

root ユーザーになって以下を実行します。

make install

コマンド説明

--with-gdbm=/usr: このスイッチはプラグイン apr_dbm_gdbm-1.so を有効にします。

--with-openssl=/usr --with-crypto: このスイッチにより、プラグイン apr_crypto_openssl-1.so を有効にします。

--with-berkeley-db=/usr: Berkeley DB-5.3.28 をインストールしている場合、このスイッチによりプラグイン apr_dbm_db-1.so をビルドすることを指示します。

--with-ldap: OpenLDAP-2.5.8 をインストールしている場合、このスイッチによりプラグイン apr_ldap.so をビルドすることを指示します。

パッケージ構成

インストールプログラム: apu-1-config
インストールライブラリ: libaprutil-1.so
インストールディレクトリ: /usr/lib/apr-util-1

概略説明

apu-1-config

is an APR-util script designed to allow easy command line access to APR-util configuration parameters

libaprutil-1.so

contains functions that provide a predictable and consistent interface to underlying client library interfaces

最終更新日: