7.9. /etc/shells ファイルの生成

shells ファイルには、システム上でのログインシェルを記述します。 各アプリケーションはこのファイルを参照して、シェルが適切であるかどうかを判別します。 各シェルの指定は1行で行い、そのシェルのパスを記述します。 パスはルートディレクトリ (/) を基準として記述します。

例えば一般ユーザーが自身のアカウントに対するログインシェルを chsh にしようとした場合、chsh が shells ファイルを参照します。 シェルコマンド名が記述されていなければ、その一般ユーザーはログインシェルの変更が出来ません。

例えば GDM/etc/shells ファイルが参照できない時には対話インターフェースの設定が出来ません。 また FTP デーモンなどは、このファイルに記述されていないシェルを用いてのユーザーアクセスを拒否するのが通常です。 こういったアプリケーションのためにこのファイルが必要となります。

cat > /etc/shells << "EOF"
# Begin /etc/shells

/bin/sh
/bin/bash

# End /etc/shells
EOF

最終更新日: 2007-04-04 14:42:53 -0500