6.40. Expat-2.1.0

Expat パッケージは XML を解析するためのストリーム指向 (stream oriented) な C ライブラリを提供します。

概算ビルド時間: 0.1 SBU
必要ディスク容量: 6.6 MB

6.40.1. Expat のインストール

Expat をコンパイルするための準備をします。

./configure --prefix=/usr --disable-static

パッケージをコンパイルします。

make

ビルド結果をテストする場合は以下を実行します。

make check

パッケージをインストールします。

make install

必要ならドキュメントをインストールします。

install -v -dm755 /usr/share/doc/expat-2.1.0
install -v -m644 doc/*.{html,png,css} /usr/share/doc/expat-2.1.0

6.40.2. Expat の構成

インストールプログラム: xmlwf
インストールライブラリ: libexpat.{a,so}
インストールディレクトリ: /usr/share/doc/expat-2.1.0

概略説明

xmlwf

XML ドキュメントが整形されているかどうかをチェックするユーティリティです。

libexpat

XML を処理する API 関数を提供します。