6.66. Man-DB-2.7.5

Man-DB パッケージは man ページを検索したり表示したりするプログラムを提供します。

概算ビルド時間: 0.4 SBU
必要ディスク容量: 30 MB

6.66.1. Man-DB のインストール

Man-DB をコンパイルするための準備をします。

./configure --prefix=/usr                        \
            --docdir=/usr/share/doc/man-db-2.7.5 \
            --sysconfdir=/etc                    \
            --disable-setuid                     \
            --with-browser=/usr/bin/lynx         \
            --with-vgrind=/usr/bin/vgrind        \
            --with-grap=/usr/bin/grap

configure オプションの意味:

--disable-setuid

これは man プログラムが man ユーザーに対して setuid を実行しないようにします。

--with-...

この三つのオプションはデフォルトで利用するプログラムを指定します。 lynx はテキストベースの Web ブラウザーです。 (BLFS でのインストール手順を参照してください。) vgrind はプログラムソースを Groff の入力形式に変換します。 grap は Groff 文書においてグラフを組版するために利用します。 vgrindgrap は man ページを見るだけであれば必要ありません。 これらは LFS や BLFS には含まれません。 もし利用したい場合は LFS の構築を終えた後に自分でインストールしてください。

パッケージをコンパイルします。

make

コンパイル結果をテストするには、以下を実行します。

make check

パッケージをインストールします。

make install

存在しないユーザーへの参照を削除します。

sed -i "s:man root:root root:g" /usr/lib/tmpfiles.d/man-db.conf

6.66.2. LFS における英語以外のマニュアルページ

以下に示す表は /usr/share/man/<ll> 配下にインストールされる man ページとそのエンコーディングを示します。 Man-DB は man ページが UTF-8 エンコーディングかどうかを正しく認識します。

表 6.1. 8 ビット man ページのキャラクターエンコーディング

言語 (コード) エンコーディング 言語 (コード) エンコーディング
デンマーク語 (da) ISO-8859-1 クロアチア語 (hr) ISO-8859-2
ドイツ語 (de) ISO-8859-1 ハンガリー語 (hu) ISO-8859-2
英語 (en) ISO-8859-1 日本語 (ja) EUC-JP
スペイン語 (es) ISO-8859-1 韓国語 (ko) EUC-KR
エストニア語 (et) ISO-8859-1 リトアニア語 (lt) ISO-8859-13
フィンランド語 (fi) ISO-8859-1 ラトビア語 (lv) ISO-8859-13
フランス語 (fr) ISO-8859-1 マケドニア語 (mk) ISO-8859-5
アイルランド語 (ga) ISO-8859-1 ポーランド語 (pl) ISO-8859-2
ガリシア語 (gl) ISO-8859-1 ルーマニア語 (ro) ISO-8859-2
インドネシア語 (id) ISO-8859-1 ロシア語 (ru) KOI8-R
アイスランド語 (is) ISO-8859-1 スロバキア語 (sk) ISO-8859-2
イタリア語 (it) ISO-8859-1 スロベニア語 (sl) ISO-8859-2
ノルウェー語 ブークモール (Norwegian Bokmal; nb) ISO-8859-1 セルビア Latin (sr@latin) ISO-8859-2
オランダ語 (nl) ISO-8859-1 セルビア語 (sr) ISO-8859-5
ノルウェー語 ニーノシュク (Norwegian Nynorsk; nn) ISO-8859-1 トルコ語 (tr) ISO-8859-9
ノルウェー語 (no) ISO-8859-1 ウクライナ語 (uk) KOI8-U
ポルトガル語 (pt) ISO-8859-1 ベトナム語 (vi) TCVN5712-1
スウェーデン語 (sv) ISO-8859-1 中国語 簡体字 (Simplified Chinese) (zh_CN) GBK
ベラルーシ語 (be) CP1251 中国語 簡体字 (Simplified Chinese), シンガポール (zh_SG) GBK
ブルガリア語 (bg) CP1251 中国語 繁体字 (Traditional Chinese), 香港 (zh_HK) BIG5HKSCS
チェコ語 (cs) ISO-8859-2 中国語 繁体字 (Traditional Chinese) (zh_TW) BIG5
ギリシア語 (el) ISO-8859-7    

[注記]

注記

上に示されていない言語によるマニュアルページはサポートされません。

6.66.3. Man-DB の構成

インストールプログラム: accessdb, apropos (whatis へのリンク), catman, lexgrog, man, mandb, manpath, whatis
インストールライブラリ: libman.so, libmandb.so
インストールディレクトリ: /usr/lib/man-db, /usr/lib/tmpfiles.d, /usr/libexec/man-db, /usr/share/doc/man-db-2.7.5

概略説明

accessdb

whatis データベースの内容をダンプして読みやすい形で出力します。

apropos

whatis データベースを検索して、指定した文字列を含むシステムコマンドの概略説明を表示します。

catman

フォーマット済マニュアルページを生成、更新します。

lexgrog

指定されたマニュアルページについて、一行のサマリー情報を表示します。

man

指定されたマニュアルページを整形して表示します。

mandb

whatis データベースを生成、更新します。

manpath

$MANPATH の内容を表示します。 あるいは ($MANPATH が設定されていない場合は) man.conf 内の設定とユーザー設定に基づいて適切な検索パスを表示します。

whatis

whatis データベースを検索して、指定されたキーワードを含むシステムコマンドの概略説明を表示します。

libman

man に対しての実行時のサポート機能を提供します。

libmandb

man に対しての実行時のサポート機能を提供します。