6.35. Libtool-2.4.6

Libtool パッケージは GNU 汎用ライブラリをサポートするスクリプトを提供します。 これは複雑な共有ライブラリをラップして一貫した可搬性を実現します。

概算ビルド時間: 2.0 SBU
必要ディスク容量: 43 MB

6.35.1. Libtool のインストール

Libtool をコンパイルするための準備をします。

./configure --prefix=/usr

パッケージをコンパイルします。

make

コンパイル結果をテストするには以下を実行します。(約 11.0 SBU)

make check

LFS ビルド環境下では5つのテストが失敗します。 これはパッケージ間の相互依存のためです。 automake をインストールした後に再テストすれば、全テストが成功します。

パッケージをインストールします。

make install

6.35.2. Libtool の構成

インストールプログラム: libtool, libtoolize
インストールライブラリ: libltdl.so
インストールディレクトリ: /usr/include/libltdl, /usr/share/libtool

概略説明

libtool

汎用的なライブラリ構築支援サービスを提供します。

libtoolize

パッケージに対して libtool によるサポートを加える標準的手法を提供します。

libltdl

dlopen を行うライブラリの複雑さを隠蔽します。