5.15. Bash-4.1

Bash は Bourne-Again SHell を提供します。

概算ビルド時間: 0.5 SBU
必要ディスク容量: 35 MB

5.15.1. Bash のインストール

Bash のアップストリームにより報告あるいは修正された数種のバグフィックスを適用します。

patch -Np1 -i ../bash-4.1-fixes-2.patch

Bash をコンパイルするための準備をします。

./configure --prefix=/tools --without-bash-malloc

configure オプションの意味:

--without-bash-malloc

このオプションは Bash のメモリ割り当て関数 (malloc) を利用しないことを指示します。 この関数はセグメンテーションフォールトが発生する可能性があるものとして知られています。 このオプションをオフにすることで、Bash は Glibc が提供する malloc 関数を用いるものとなり、そちらの方が安定しています。

パッケージをコンパイルします。

make

コンパイルが終了しました。 前にも述べたように、この章にて一時的ツールのテストスイートを実行することは必須ではありません。 しかしテストスイートを実行するなら、以下を実行します。

make tests

パッケージをインストールします。

make install

他のプログラム類がシェルとして sh を用いるものがあるためリンクを作ります。

ln -vs bash /tools/bin/sh

本パッケージの詳細は 6.29.2. 「Bash の構成」 を参照してください。