4.5. SBU 値について

各パッケージをコンパイルしインストールするのにどれほどの時間を要するか、誰しも知りたくなるところです。 しかし Linux From Scratch は数多くのシステム上にて構築可能であるため、正確な処理時間を見積ることは困難です。 最も大きなパッケージ (Glibc) の場合、処理性能の高いシステムでも 20 分はかかります。 それが性能の低いシステムとなると 3日はかかるかもしれません! 本書では処理時間を正確に示すのでなく、 標準ビルド単位 (Standard Build Unit; SBU) を用いることにします。

SBU の測定は以下のようにします。 本書で最初にコンパイルするのは 第5章 における Binutils です。 このパッケージのコンパイルに要する時間を標準ビルド時間とし、他のコンパイル時間はその時間からの相対時間として表現します。

例えばあるパッケージのコンパイル時間が 4.5 SBU であったとします。 そして Binutils の1回目のコンパイルが 10分であったとすると、そのパッケージは およそ 45分かかることを意味しています。 幸いにも、たいていのパッケージは Binutils よりもコンパイル時間は短いものです。

一般にコンパイル時間は、例えばホストシステムの GCC のバージョンの違いなど、多くの要因に左右されるため SBU 値は正確なものになりません。 特に対称型マルチプロセッサ (Symmetric Multi-Processor; SMP) によるマシンでは SBU 値はさらに正確ではなくなります。 SBU 値は、インストールに要する時間の目安を示すものに過ぎず、場合によっては十数分の誤差が出ることもあります。

特定マシンにおける実際の処理時間については、以下の LinuxFromScratch SBU ホームページに示していますので参照してください。 http://www.linuxfromscratch.org/~sbu/